セレブもしている!今からでも遅くないIライン脱毛

セレブもしている!今からでも遅くないIライン脱毛


1度脱毛したらクセになってしまう部位、それがIラインでしょう。Vラインの脱毛を考えている人は、セットでIラインの脱毛をすることをおすすめします。
日本ではIラインの脱毛を抵抗する人もいますが、海外では当たり前のように行われています。

 

Iラインってどこの部位?

Iライン

Iラインはアンダーヘアの奥の部分、つまり女性器の周りに生えている毛のことをいいます。
もともとIラインの処理は、グラビアアイドルやレースクイーンといった人たちは当たり前のように処理していました。
しかし最近では、セクシーな下着や水着などが増え、多くの方が水着や下着から毛がはみ出ることを気にするようになりました。

海外では当たり前!してないほうが恥ずかしい!?

アンダーヘアを処理している海外セレブとして有名な、ブリトニースピアーズ・パリスヒルトン・スカーレットヨハンソン。

海外の人気ドラマであるSEX AND THE CITYでは、アンダーヘアのワックスで脱毛をしているシーンがあるなど、セクシーな下着を好む海外セレブにとって、アンダーヘアを行うのは当たり前で、身だしなみの1つと同じだと思われていることでしょう。

アンダーヘア専門のワックス脱毛エステが人気で、女性だけでなく男性も通っている方が少なくないようです。
 

1度処理したらクセになる!Iライン脱毛のメリット

Iラインの脱毛は、1度行ったらクセになることは間違いないでしょう。

下着や水着からはみ出す心配をする必要がなくなることはもちろんですが、なんといっても蒸れない!
女の子は1ヶ月に1度、1週間も続く地獄のような生理期間。ホルモンのせいでイライラするし、腹痛・頭痛・貧血など体調の優れない日が続き、なによりナプキンで蒸れると気持ち悪い。

Iラインを処理するだけで、まったくといっていいほど蒸れなくなります。Iラインを処理するだけで、生理期間のストレスを軽減することができるかもしれません。
もちろん生理期間だけでなく365日毎日分泌されているおりものの蒸れも感じることがありません。
だからこそIラインを1度処理するとクセなる方が多いのです。
 

脱毛サロンだと恥ずかしい!1歩が踏み出せない

恥ずかしくてIラインの施術に、踏み出せないという人が多いことでしょう。わたしも始めは恥ずかしく、施術するかしないか迷いました。
しかし勇気を出して施術をしてみると、恥ずかしいという気持ちより、施術したいという気持ちが勝ち、積極的にIラインの施術を受けるようになりました。

気の利く対応、恥ずかしさ半減!

Iラインを他人に見られて喜ぶ人はいないことでしょう。ほとんどの人が恥ずかしいと思っているはずです。
脱毛サロンもその気持ちをわかってくれています。

脱毛サロンによっては施術室にウェットティッシュが置いてあり、施術前にIラインを拭いておくことができます。他にも自分の下着や紙パンツが用意されているところもあるため、どうしても恥ずかしくてできないと思っている人には、そのような脱毛サロンをお勧めします。

施術前に知っておきたい、Iラインの施術方法

サロンによって異なりますが、仰向けの状態でベッドに横になり、片足ずつ開いて照射していきます。Iラインの施術に慣れている人が行えば、5分ほどで終わります
粘膜以外の部分であれば、全て脱毛可能となっており、施術者によって施術範囲が変わってくることでしょう。

また気になる痛みは、チクチクとした多少の痛みを伴います。しかし機械によって痛みを和らげる機能のついたものもあるため、スタッフに痛いことを伝えるようにしましょう。
 

おわりに

最初は恥ずかしいと思っていたIラインの施術も、1度行うとクセになってしまうほど楽です。
またVラインとIラインの施術を別々で行うと、料金が高くなってしまうため、悩んでいるのであれば初めからセットのコースを行うようにしましょう。

参考サイト

epilabo「海外セレブやアイドル・モデルもIラインお手入れしてます!」