女性の常識として知っておいたほうがいい、ピル服用中に脱毛できない理由

女性の常識として知っておいたほうがいい、ピル服用中に脱毛できない理由


避妊目的として知れ渡っているピルですが、月経前症候群の抑制や卵巣の病気などでピルを服用している人も少なくないことでしょう。
ピルを服用している人にとって、施術が行えるのかは心配なこと。ここではピルを服用していても脱毛が行えるのか、脱毛に影響はないのか詳しく説明します。

 

脱毛したい。ピル服用者は脱毛できない!?

基本的にピルを服用している方でも、脱毛の施術を受けることは可能です。しかし一部の脱毛サロンでは施術を拒否するところもあります。

ピルには低量ピルとアフターピルの2種類があります。
低量ピルは毎日飲み続けるもので避妊目的や月経前症候群の抑制、卵巣の病気などで飲まれることが多く、頭痛や気持ち悪いといった副作用が少ないです。
アフターピルは経口避妊薬ともいい、緊急で避妊が必要なときに飲むためのもので、副作用は低量ピルの倍はあるといえるでしょう。なかには気持ち悪くて吐いてしまうということもあるそうです。アフターピルを使用した日は、まる1日、脱毛を行うことも難しいほどになってしまうかもしれません。

わたしが通っていた脱毛サロンでは、ピルの種類によっては施術できないということもありました。無料カウンセリングの時などに前もって聞くようにしましょう。
 

効果が半減!?ピルによる影響

「ピルを服用していると脱毛の効果が半減する」と言われていた時がありました。しかしピルの作用に脱毛の効果を邪魔する要素はありません。

ピルはエストロゲンとプロゲステロンの合剤で、毎日摂取することで偽妊娠状態にし、排卵を抑制します。
偽妊娠状態になりますが、ピルを服用している間はホルモン分泌が5分の1程度まで低下するため、総量としてのホルモン量は妊娠時と比べ物になることはなく、妊娠時のような体毛への影響はないと言えます。
そのためピルを服用しているからといって、脱毛の効果が半減することはありません。
 

女性ホルモンでムダ毛を抑制?ホルモンと毛の関係

毛質や毛量に個人差はあるものの、体内の種類に個人差はなく、「性毛」と「無性毛」の2種類あります。
性毛とは第二次性微期に生えてくる体毛のことで、男性ホルモンが大きく影響しています。男性ホルモンの影響が大きい毛を「男性毛」といい、男女関係なく生える毛を「両性毛」といいます。主にムダ毛とは男性毛のことを指し、男性ホルモンの働きが活発になることで、太く長く濃い毛に育ちます。
つまり女性ホルモンよりも男性ホルモンの割合が優位になってしまうことで、ムダ毛が濃くなってしまったりするのです。

ピルは女性ホルモンといわれるエストロゲンとプロゲステロンの合剤のため、女性ホルモンを体内へ摂取していることと同じです。
 

ピル服用中の脱毛、気をつけて欲しい2つのこと

1.飲み忘れをしない

ピルは毎日のように飲み続けます。飲み忘れることで、ピルの効果を損なうことと同時に、安定してきたホルモンバランスを一気に乱してしまいます。
脱毛の効果を維持させるためにも、肌質を安定させるためにも、飲み忘れに注意しましょう

2.飲み始めは施術を避ける

ピルを飲み始めたばかりの時は脱毛の施術を避けましょう。ピルを飲み始めて3ヶ月くらいは、ホルモンバランスが安定しません。そのため肌の状態も不安定で、普段よりも痛みを伴う可能性があります。
3ヶ月ほど飲み続ければホルモンバランスが安定してきますので、3ヶ月ほど経過してから施術を受けることをおすすめします。
 

おわりに

ピルを服用していることで、脱毛にはなんら影響ないといえますが、サロンに寄っては施術を断らせるところもあるため、無料カウンセリング時など事前に施術可能か聞いておくようにしましょう。
また飲み忘れに注意し、飲み始めから3ヶ月経過下くらいの時に施術を受けるようにしましょう。

参考サイト

epilabo「低用量ピル服用中は脱毛しちゃダメ??」
エステ脱毛体験 口コミ・評判「ピルを服用していると脱毛はできないの?」
脱毛エステ失敗で泣かない!「ピルを飲んでいますが脱毛はできますか?⇒結論「大丈夫です」」
スキンケア大学「ここを見ればホルモンバランスの崩れが分かる! ~脱毛効果を高める恋と仕事のエッセンス~」